ENGLISHアクセス連絡先サイトマップ

ホーム
専攻概要
研究分野・教員
カリキュラム
活動・イベント
出版・論文
ニュース
入試情報
アクセス
連絡先
サイトマップ
学内専用

研究分野・教員

研究分野教員一覧人文環境学講座空間環境学講座循環環境学講座空間情報学講座

循環環境学講座

    味埜 俊 教授
    環境微生物学・排水処理工学・サステイナビリティ教育

    当研究室のキーワードは「環境制御技術マネジメントの最適化」と「微生物学的な視点に基づく環境管理」の二つである。環境問題に対症療法的対応をする時代は終わり、環境配慮型社会をいかに構築するかが重要な課題となった。環境制御技術の組み合わせや使い方を最適化することで環境負荷を社会全体として少なくするための前者のようなアプローチが大切である。一方、後者の考え方は微生物の本来持つ自然の力を環境制御に無理なく利用する方策を探るものである。自然環境を浄化し続けている微生物の気持ちになって考えるとその効果的な利用法が見えてくる。なお、近年は環境教育のあるべき姿についても研究している。
    佐々木 淳 教授
    沿岸域環境・海岸工学

    津波・高潮・洪水による沿岸域の水災害予測と防災・減災、内湾や湖沼の水質・底質の汚濁過程の解明と環境改善、および開発途上国における防災・環境と調和した沿岸域の持続的な発展に貢献すべく研究を展開している。オリジナルの数値モデル開発やオープンソースモデルの改良と適用に基づく数値シミュレーション、現地観測、アンケート調査、GIS上での情報の整理統合を主な手法として採用し、国内外の研究機関、行政、企業等との連携を積極的に進めながら、現実の課題解決に結びつくような研究を目指している。
    佐藤 弘泰 准教授
    下水処理技術・微生物生態学

    下水道や下水処理について研究していますが、当研究室の興味の中心にあるのは、下水処理場に見られる微生物生態系でどのようなことが起きているか、です。下水や廃水の処理は微生物の力に頼っており、微生物をよりよく理解することが、処理技術を向上させるために役立つからということもあるのですが、むしろ、科学的に解明したいという興味・好奇心の方が強いかもしれません。現代社会を支える基盤技術である割には未知な部分が非常に多く残されています。どのような微生物がいるのか、それぞれどのような役割を果たしているのか、何が彼らを存在せしめているのか。下水道や微生物について調べることを通じて人間社会についての視点を養う研究でもあります。
    鯉渕 幸生 准教授
    沿岸域環境・海岸工学

    沿岸域では、赤潮、青潮といった富栄養化現象や、サンゴの白化、干潟・浅瀬の生態系の質の低下などが緊急の課題となっている。さらに地球環境問題においても、沿岸域の重要性が指摘されている。水環境の変動メカニズムを解明した上で、その特性を上手に活かしながら、よい環境を創造する方策を探っていく。具体的には東京湾、有明海、チェサピーク湾などの富栄養化が進行する内湾、沖縄、石垣島におけるマングローブ河川やサンゴ礁、韓国の干潟等を対象に、(1)モニタリング、(2)リモートセンシング、(3) シミュレーション、(4)GISによる統合と分析、(5)環境改善・創造技術の開発、(6)環境評価手法やリスクマネージメントに関する研究を行っている。

Copyright © Department of Socio-Cultural Environmental Studies, The University of Tokyo. All Rights Reserved.