ENGLISHアクセス連絡先サイトマップ

ホーム
専攻概要
研究分野・教員
カリキュラム
活動・イベント
出版・論文
ニュース
入試情報
アクセス
連絡先
サイトマップ
学内専用

研究分野・教員

研究分野教員一覧人文環境学講座空間環境学講座循環環境学講座空間情報学講座

空間情報学講座

    柴崎 亮介 教授
    空間情報 センシング シミュレーション サービス

    都市や地域にどのような空間・環境が広がり、人々がどのように活動しているのか、クルマやモノがどう動き回っているのか、今を知り、過去を蓄積し、それをもとに将来を見通すことを実現したいと考えています。こんな「動く時空間地図」を社会で共有することは、安全で便利な活動空間の実現につながるはずです。一方、場所に埋め込まれた記憶や思い出を、散策しながら発掘できるようにすれば、便利一辺倒でないスローな空間体験を演出できるでしょう。また、何もかも裸にするのではなく、自分の活動記録や思い出情報はきちんとしまっておき、必要なときに自分のために使える環境も実現しなければなりません。こんな野望?を抱いて研究を進めています。何それ?と思う人はこちら。
    高橋 孝明 教授
    経済地理学

    経済活動の立地がどのような要因によって決められるのか、という問題を空間経済学の観点から研究している。現在進めている研究トピックスには以下のようなものがある。(1)地方政府の公共サービス供給の研究公共サービスを供給する地方政府間の戦略的な競争に焦点をあて、その経済学的帰結を分析する。(2)経済地理と輸送の相互依存の研究経済活動の分布が、経済で採用される輸送技術にどのような影響を与えるかという問題を分析する。(3)輸送部門と生産部門のトレードオフの関係の研究。経済に存在する資源は、何らかの方法で、輸送と財の生産との間で配分されなければならない。この研究では、この配分がどのようなメカニズムで行われ、それが、社会の厚生水準に関して、どのような含意をもっているかを明らかにする。
    瀬崎 薫 教授
    通信システム 位置情報依存型サービス

    建築物や市街地等実社会の環境上にセンサやコンピュータ端末を配備し、人間のおかれた状況を汲み取りながら、より豊な人間生活行動を支援するサービスを提供する「コンテクストアウエアサービス」を柔軟に提供する機構についての研究を行っている。要素研究は極めて多岐に渡るが、重要なコンテクストである位置を同定するための技術、環境情報を利用しながら適切な情報を配信する技術、利便性を高めるための人間とコンピュータの間のインタフェースの改善等が挙げられる。
    貞広 幸雄 教授
    空間情報解析

    人間の生活と、自然、社会、文化、言語、経済などの周辺環境との関係を、空間情報科学を道具として、解き明かそうとしている。急峻な日本の地形は都市の形状をどう決定づけているのか、気候の差異は食文化の差異にどう影響するのか、商業施設は何故あのような複雑な分布をとるのか、こうした問いに客観的かつ定量的に答えることで、人間-環境システムの構造を明らかにし、望ましい環境の創造に寄与したいと考えている。システム解析と同時に、空間情報科学を利用し、より良い環境実現のための計画提言の方法を模索している。公的施設配置や移動経路などの計画立案支援、対話的合意形成支援などを行う、空間情報システムの構築を試みている。
    早川 裕弌 准教授
    空間情報解析

    地球科学、とくに地形学や自然地理学に関する研究課題に空間情報科学的視点から取り組んでいる。たとえば遷急区間や蛇行度に着目した岩盤河川の地形解析から、日本をはじめ台湾、北アメリカ、ヨーロッパアルプスなどの調査地において、地形発達過程や地形変化プロセスの研究を行った。手法としてはDEMによる地形解析、GNSS調査、航空・地上レーザ測量、SfM写真測量、岩盤強度測定などを用いる。また主にアナトリア・中東地域において、地考古学における空間情報科学の適用から古環境変動や人類と自然の相互作用の解明を目指しており、こうした手法の現代都市への適用にも関心をもっている。
    小林 博樹 講師
    アニマルコンピュータインタラクション

    環境問題の解決支援として、情報空間と生態系が分かちがたく一体化し、全体として高度な情報処理を実現するシステムを研究している。現在、人間の生活圏の拡大や自然開発の活発化に伴い、絶滅危惧種の増加や有害鳥獣類による農作物被害、放射能汚染など人間社会の利益と生態系の保全との衝突が深刻な問題となっている。人間が生態系に物理的に接触すれば生態系の破壊は不可避であり、生態系保全には物理的な分断がもっとも効果的な手法である。そこで本研究ではアニマルウェアラブルやユビキタスセンサを統合し、遠隔地自然環境とユーザーの間 を物理的に分断したままで、全体として高度な情報処理を実現するインタフェース(計算機を介した人と生態系のインタラクション)のデザイン・実装・フィールド評価を行っている。
    日下部 貴彦 講師
    交通ネットワークシステム 行動分析 モビリティ解析

    近年の情報通信技術の発展により、都市や地域・国土などスケールの大きな空間で繰り広げられるヒトやクルマの動きを、詳細かつ長期的に観測できるようになりつつある。このような大きなスケールでのヒト・クルマに関する動的な空間情報と機械学習などの最新の手法を前提とし、新たな観測技術、ヒトの行動や自動車の挙動のモデル、都市空間でのモビリティの解析手法等の構築を行うことで、よりよいモビリティをデザインするために必要なツールを開発し、安全・安心で快適かつ効率的で持続可能な都市機能の実現に資することを目指した研究を行っています。

Copyright © Department of Socio-Cultural Environmental Studies, The University of Tokyo. All Rights Reserved.